Mediaメディア出演

美容と健康に関する商品の監修など、様々な分野で活動しております。

ヒフ余り「美腹を取り戻す改善策7つ」

大滝さやか│美容と健康3万人指導│講演会セミナー講師・タレント業

 

ヒフは縮むか?セルライト・肉割れ・ヒフ余り

急激に体重を落とした場合、

新陳代謝が追い付かず皮膚が弛んでしまい、

皮膚の縮みもうまく

行われないようになってしまいます。

そういったヒフ余り「美腹を取り戻すコツ」は?

 

改善策7つです

①太っている期間をできるだけ短くする

②ゆっくりと時間をかけてダイエットをする

③クリーム・オイル・ジェルを使ってケアする

④マッサージをする

⑤紫外線対策

⑥プロテイン、ビタミンC、鉄分の

豊富な食事を摂取する

⑦筋トレする

 

です。
では詳しくひとつづつ解説して行きますね。

 

①肥満体型が長期間にわたって続いてしまうと

皮膚が皮膚が伸び切った状態のまま

何年も過ごすことになってしまうので戻りにくい。

皮膚のたるみは長い間の肥満と

短期間での減量で皮膚の新陳代謝が追い付かないため、

皮膚をたるませないためには長く太らず、

セルライトを元々作らない事です。

 

②ゆっくり痩せること。

米国形成外科学会によると、

脂肪を取り除く手術より、

皮膚のたるみを取り除く手術

の方が回復に時間がかかる。

余った皮を取り除く手術に架かる費用は

大体100万円前後です。

メスをつかって体の皮を切除していくので

体に負担がかかってしまい、傷跡も残ります。

 

人間の皮膚は3層構造になっており

肉割れは皮膚の深いところ

真皮が裂けることによって生じます。

 

表皮の下層に位置する真皮(真皮)は

コラーゲン線維が多く含まれており、

表皮を支えて肌の弾力性を保つ役割があります。

コラーゲン線維は弾力性があるものの、

横方向の力に対する伸縮性は乏しく、

皮膚が急激に引き伸ばされると、

コラーゲン線維が裂け、

真皮・表皮にひび割れが生じるのです。

 

③妊娠すると、女性のお腹は急激に

「肉割れ」といった症状を起こしてしまいます。

産後のお母さん達が

きれいに治しているように

マタニティクリームを使えば、

皮膚のたるみを保湿

・引き締め効果を得ることが出来ます。

 

④この肉割れは産後のお母さん達が

きれいに治しているように

短期間のものであればボディクリームや

つかわれているマッサージによる

ケアで治すことができるかもしれません。

 

⑤人の皮膚は主に

コラーゲンとエラスチンという

2つのタンパク質から構成され

皮膚を構成しているタンパク質

(コラーゲンやエラスチン)は

紫外線に弱く、日焼けによって

ダメージを受けてしまうと張り

・弾力が失われてしまいます。

日光を浴びてしまうと、

緩んだ皮膚が元へ戻りにくくなり、

痩せたときにたるみが

目立つようになってしまいますよ。

 

⑥皮が伸びた状態が長期間続いていしまうと

コラーゲンとエラスチンがダメージを受け続けるため

皮膚が元のように縮む能力が失われていきます。

コラーゲンはタンパク質のひとつですので

タンパク質を多く含む食材を摂取することで

コラーゲンを補うことができます。

プロテイン、ビタミンC、鉄分の

豊富な食事を摂取する。

 

⑦筋トレをして筋肉の

ボリュームを増やすことで

皮膚との隙間を埋めてあげる。

筋肉はホルモンをも

血行が良くなって新陳代謝が活発になります。

そうすると、皮膚全体に栄養素が送られ、

皮膚の再生機能が活発に働くようになります

 

以上、改善策7つ

①太っている期間をできるだけ短くする

②ゆっくりと時間をかけてダイエットをする

③クリーム・オイル・ジェルを使ってケアする

④マッサージをする

⑤紫外線対策

⑥プロテイン、ビタミンC、鉄分の

豊富な食事を摂取する

⑦筋トレする

でしたご参考になればうれしいです。

 

〈無断転用禁止・控訴します〉

心と体をスッキリさせる美容と健康アドバイザー・研修・セミナー講師【大滝さやか】

関連記事