Mediaメディア出演

美容と健康に関する商品の監修など、様々な分野で活動しております。

自分を枯渇させてまでgiveはNG

美容と健康ヨガ教室スタジオ広島:大滝さやか

母の日ですね、愛情もって育てられたこと、
当たり前ではなく感謝ですね。
家族の愛情は、ありがたいものです。

ところで 大滝は男女参画推進委員もボランティアでしてますし、
ヨガの教室の生徒さんにも、よく相談されます。
女性が相談するような公共施設もありますが
「そんな大した事ではないし、
自分が我慢すれば良いのでは、
家庭の恥をさらしたくない」
と言う思いもあります。

しかし一方、

自殺の第3位の原因が『家族家庭問題』━━━━━━

先日発表の最新データ警視庁自殺統計2022では
自殺がコロナ前よりも今年は増えています。
以前から自殺の原因の
第1位約38%が『健康問題』
第2位が『経済問題』
第3位が『家庭問題』です。

ですので自殺原因 1位と3位の両方
『家庭問題メンタルの健康問題』は大切。

理由はコロナの学校閉鎖、在宅勤務、福祉閉鎖で
家庭内での介護役割の増大により、
女性は家族のために時間を費やし家庭親子関係の不和、
介護看病疲れなどが増え、
厚労省は「学校の休校や緊急事態宣言による自粛生活などで、
親子の時間が増え関係が壊れたケースもある」と分析されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

確かに生徒さんに『家庭問題』多いです。
この問題の根が深いのが、相談する人がいない事。
家族の為を持っているからこそ、外部の人に言えないのです。
そして、そもそも「自分が悪い」と思って自分を責めていること。

そもそも、私たち世代は「24時間働けますか?」
「週休1日」の中、まじめに育てられ
「がんばりなさい」 「自己犠牲は良いことだ」 という認識が多いですが、
そんなことはありませんか?

犠牲にし子育てしても 人間関係に正解はないです。
広大の教育学の先生も
「良い親から良い子どもが育つとは限らない」 とおっしゃってました。

家族にgive×3も大切だが
与えすぎて「自分の心のコップ」が枯渇し
自殺してしまっては本末転倒です。

世にいう『シャンパンタワーの法則』とも言いますね。
シャンパンなんか飲まないので
シャンパンタワーのがあふれ次々というイメージは沸きませんが。。。

あなたは家族のコップにばかり水を汲んでませんか?

自分のコップにも水を汲んであげましょう。
自分の心もたまには満たしてあげましょう。
時間やちょっぴりの贅沢をしたり、
瞑想したり、 自分で自分を大切に想うこと、
自己愛で満たしましょう。

自分をの心を感じること、

自分の心は本当はどう感じてるのか?

自分の心は本当はどうしたいのか?

自分の心がそこあるのか?

自分があるのか?

 

学校・企業・自治体で健康の講演会を広島/全国で3万人指導する【大滝さやか】
〈無断転用禁止します〉

関連記事